Site Loader

ギャンブル依存症の厳しい現実

日本には大昔からギャンブルがあり、その歴史は長く、西暦685年にまでさかのぼる。しかし、現在政府はギャンブルを奨励しなくなってしまったようだ。日本のギャンブルは、社会に多くの悪影響を及ぼすと考えられているため、多くの規則や規制による厳しい取り締まりが行われている。そして、ほとんどのギャンブルゲームは、政府の定める刑法で禁止されており、合法的に賭けることができるのは、競馬、オートレース、競輪などのレースに限られている。 行政上の収入を増やすために認められているのは、公営競技や宝くじ、TOTOなどのゲームだけだ。だが、このような厳格な措置は、一般市民のために制定されたものだ。研究者によると、日本では成人人口の5%以上、つまり合計で約500万人がギャンブルに依存しているという。ギャンブルは悪いことではないが、一旦はまってしまうと、人生を台無しにしてしまう。日本で最も有名なギャンブルの形態は、パチンコやパチスロの店舗で、年間約1,820億ドルという莫大な収入を生み出している。 安心・安全・楽しいの3拍子の揃ったベラジョンオンラインカジノで、カジノの王様と呼ばれているバカラをライブ版「ベラジョンライブバカラ」でプレイしてみましょう!

フォローする!

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

October 2021
M T W T F S S
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031